Top Page SSTV


SSTV始めました。
1st QSOの画像です。TNX JG3QYJ

見よう見まねで始めたSSTVですが、 97年7月21日に初の1stQSOが出来ました。 今回は、インターネットのHOMEページで色々な 情報提供がされてましたので、助かりましたが、 トランシーバとのインタフェースは具体的な紹介が無く、 私のようなド素人には、果してどうすればよいのか迷いましたが QSO途中のアドバイスもいただき、独自に次のような I/Fを 作ってつないでいます。
参考になればと思い、掲載いたします。しかし、これを参考にされて、 生じた事態には責任は持てませんので、あしからすご了承ください。
使用インターフェースの写真

以下はインタフェースの紹介です。以前にボイスメモリー(アドニスのVM-60の様なもの)を 作りかけて失敗したケースに仮実装しています。



使用インターフェースの回路
手持ちのトランスが、2K:2K と 600Ω:600Ω の2個有りましたので 上記のようにつないで、一応”絶縁”をしています。トランシーバへの入力信号 用にVR(1K)を付けていますが、マイク端子に入れているため、ハンドマイク を使用するときのMICゲインを変更しなくて良いように、I/F内で調整できる ようにしました。しかし、抵抗の数値等は適当なものを付けただけで、計算をして求めた わけではありません。ただ、調整出来るようにVRを付けたと思ってください。
スタンバイ回路は手動です。6PのSWを使って、SSTV時は強制的に送信状態に しています。

使用SSTVソフト
「国際送金為替」を使って50$送り、約3週間で キーファイルが届きました。
97年8月15日から本格的に使っています。